366日命の言葉

ベスト新書

大橋巨泉

2013年10月31日

ベストセラーズ

880円(税込)

人文・思想・社会 / 美容・暮らし・健康・料理 / 新書

「自分の感受性くらい自分で守ればかものよ」-茨木のり子(2月17日没)、「私の墓は、私の言葉であれば十分です」-寺山修司(5月4日没)、「大橋さん、オレやっぱり映画のほうがいいや」-石原裕次郎(7月17日没)、「負ける人がいなかったら勝者は生まれない」-山口瞳(8月30日没)、「美味しいものが分からない奴は想像力が欠如している」-黒澤明(9月6日没)、「その時分には私は何になっていましょう。石にでもなっていましょうか」-樋口一葉(11月23日没)。その日に亡くなった古今東西の有名人を一人選び、遺した言葉や、一生を象徴する言葉を一つずつ選んで、それに解説をつけて1月1日から12月31日まで並べた。巨泉が選んだ故人の名言。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください