巨木と鳥竿

遊学叢書

諏訪春雄

2001年6月30日

勉誠出版

2,200円(税込)

人文・思想・社会

縄文・弥生の両時代の連続と非連続の解明が本書の中心課題である。この課題を解決するための検討課題として、縄文の巨木と弥生の鳥竿をえらび、その本質をとらえるために空間の横のひろがりと時間の縦のつながりを、同時に視野におさめている。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください