カポーティ

人と文学

世界の作家

越智博美

2005年12月31日

勉誠出版

3,190円(税込)

小説・エッセイ

せつないまでに何かを希求する人々を描き出すトルーマン・カポーティ。そして、きわめて冷静に作品を紡いだその作家自身も生涯愛を求め続けた、迷子の作家であった。本書は、カポーティの「揺らぎ」を見据え、新たな作家像を導き出す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください