西郷「征韓論」の真相

歴史家の虚構をただす

川道麟太郎

2014年5月31日

勉誠出版

2,420円(税込)

人文・思想・社会

西郷隆盛は朝鮮の征服者でもなく、平和の希求者でもなかった。彼の真意はどこにあったのか。西郷が明治六年に唱えた朝鮮遣使論について、「征韓説」「交渉説」の両説を検討。虚構の歴史が創り上げられていく過程を明らかにするとともに、朝鮮遣使論の真相を解明する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください