身体の哲学と現象学 〈新装版〉

ビラン存在論についての試論

叢書・ウニベルシタス

ミシェル・アンリ / 中敬夫

2016年5月20日

法政大学出版局

5,280円(税込)

人文・思想・社会

主観的身体の根本的発見。意識の根本に“身体”を据えたメーヌ・ド・ビランとの対話を通して生の哲学を基礎づけ、主観性が身体と不可分のものであることを示してビラン哲学を蘇らせる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください