ROCKER

ポプラ文庫ピュアフル 122

小野寺 史宜

2015年1月2日

ポプラ社

682円(税込)

ライトノベル / 文庫

プチ不登校の女子高生ミミとテキトーな高校教師・永生。ふたりは、元いとこ同士。ミミは、ある事件をきっかけに、友だちをつくらず、学校ではひとりで過ごしているが、永生のアパートにはよく遊びに行く。そんなある日、ミミのことが好きだという高校生が現れる。彼は、永生が教える学校の生徒で、ロック部の創設を目論むのだがー第三回ポプラ社小説大賞優秀賞を受賞した、心に響く青春小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar
star
2.55

読みたい

3

未読

1

読書中

0

既読

9

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

粟田 淳

(無題)

starstarstar
star
3.1 2021年09月26日

蓮見計作登場回。 先に「ひりつく夜の音」を読んでいたので作家が音楽の造詣に深い事は分かっていたが、ここはその辺りは全面に出さず、堀美実という16才の屈託のある女子高生が語り手。 これ以降の短文を連ねてリズム感を作って行く、文体スタイルはまだ垣間見れないが、もう既に文章は巧い。 知らぬ間に引き込まれて行く不思議な魅力がある。 難しい言葉はなく、会話のてんぽで弾んでいき言いたい事ズドン! 青春小説なんだけどなんかそれだけではないお釣りがついてくる話。 やはり巧手な書き手です。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください