花咲小路四丁目の聖人

ポプラ文庫 日本文学 227

小路 幸也

2013年10月1日

ポプラ社

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

舞台は花咲小路商店街。英語塾を営む亜弥の父は日本に帰化したイギリス人で、既に隠居の身だが、その実、若い頃は美術品を中心とする泥棒として名を馳せていた人物。商店街で起こる事件をその手腕で解決していく。楽しくて心温まるエンターテイメント。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.84

読みたい

9

未読

6

読書中

0

既読

57

未指定

55

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

下町情緒溢れまくり

starstarstarstar
star
4.4 2020年04月08日

花咲商店街のお話。古き良きを保ちつつ、寂れもせず人が賑やかで、昔ながらのとても距離の近いご近所付き合いで皆まとめて親戚のような感じ、シャッター街でもなくてでも儲かってもないでも店をたたむほどでもない感じのお店がずらっと並んでる。 一丁目の刑事は、ヒヨッコ刑事が定食屋をやってる祖父母の家に居候するとこからはじまります。刑事さんとしてのお話ではなく、非番の日、お休みの日に、おばあちゃんに相談を受け(おばあちゃんはご近所さんから相談を受け)、刑事だから調べもの得意ででしょう?的感覚で割と厄介な相談を持ちかけられます。非番の一日しか使えないしそれとなくバレないように探るって結構大変。お陰で毎回非番の日が潰れちゃう羽目に。あのお店の誰々ちゃんと誰々くんが仲が良いとか、詳しくなっちゃって、自分も商店街の一員になったような気がしてしまう一冊でした。最後の一話だけは、毛色が違いますが#まったり #ほんわか 系です。 4丁目の聖人は、花咲商店街の大地主さんでイギリス人だけど帰化して日本人の英国紳士が主人公。若かりし頃は美術品の大泥棒だったとかなかったとか。観察眼の鋭さで事件を色々鮮やかに解決しちゃいます。 他にも二丁目とか三丁目のお話もあるだろうから見つけたら読もうと思います。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください