本当は怖い小学一年生

ポプラ新書 6

汐見 稔幸

2015年1月2日

ポプラ社

858円(税込)

小説・エッセイ / 新書

子どもからのメッセージ、気づいていますか。なんのために勉強するのかわからない。そもそも授業がつまらない。親の過剰な期待に振り回されている。-「小一プロブレム」と呼ばれ、小学校低学年の教室で起こるさまざまな問題は、じつは「学びの面白さを感じられない」子どもたちからの違和感や抵抗のあらわれだ。子どもの可能性を引き出すために、今必要なものは何か。教育、子育てへの提言。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.22

読みたい

0

未読

3

読書中

1

既読

18

未指定

30

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください