真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者

ポプラ文庫 日本文学 267

大沼 紀子

2016年3月17日

ポプラ社

770円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

真夜中に開店する不思議なパン屋「ブランジェリークレバヤシ」に、手から白いハトを出す怪しげな中年男が現れる。それが店を揺るがす大騒動の幕開けだった。一方、母親と久しぶりの対面を果たした希実だったが、その隣にいたのは実に意外な人物で…。人気シリーズ第5弾!!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(19

starstarstar
star
3.76

読みたい

16

未読

21

読書中

3

既読

169

未指定

132

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.1 2019年01月11日

真夜中のパン屋さん第5巻。 サングラスをかけた鳩を出す変人が登場。美和子さんの幼馴染であり、希実に関係があると言う謎の男。 分厚い。何人もの関係者のここまでの人生が描かれていて、ていねいだがめんどくさい。 登場人物はみんな自由すぎる。周りを振り回しながら生きていく。でも、みんな、美味しいパンを食べて笑顔を見せる。パンはいいね。と思った次第です。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.1 2018年06月20日

真夜中のパン屋さん第5巻。 サングラスをかけた鳩を出す変人が登場。美和子さんの幼馴染であり、希実に関係があると言う謎の男。 分厚い。何人もの関係者のここまでの人生が描かれていて、ていねいだがめんどくさい。 登場人物はみんな自由すぎる。周りを振り回しながら生きていく。でも、みんな、美味しいパンを食べて笑顔を見せる。パンはいいね。と思った次第です。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください