i

ポプラ文庫 日本文学 389

西 加奈子

2019年11月6日

ポプラ社

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「この世界にアイは存在しません。」入学式の翌日、数学教師は言った。ひとりだけ、え、と声を出した。ワイルド曽田アイ。その言葉は、アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続けることになる、ある「奇跡」が起こるまでは…。西加奈子の渾身の「叫び」に心ゆさぶられる傑作長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(91

starstarstar
star
3.63

読みたい

78

未読

48

読書中

13

既読

422

未指定

298

書店員レビュー(2)
書店員レビュー一覧

しまゆ

書店員@

iの数だけアイがいる アイの数だけ愛がある

starstarstarstarstar
5.0
1
2020年03月19日

西加奈子「i」

--
0
2019年12月19日

みんなのレビュー (8)

クリーム

深い、読みごたえのある本

starstarstarstar
star
4.5 2020年12月28日

イラン人で裕福な家庭の養子となったアイ。血のつながりとは。

全部を表示

Readeeユーザー

i

starstarstar
star
3.2 2020年12月15日

2乗して-1になる数字は存在しない。その値をiと定義付けたことでアイが存在しないと授業で説明したことから自分のアイデンティティを見つめる中身の小説。 社会情勢は興味のある分野でないことから、記事を飛ばしてたのが今であるが、日本とシリアや中東の国々の武装問題などは同じ世界の中にあるもので、避けずに少なくとも情報として認知する必要性を学んだ。

全部を表示

もりりん

備忘録

starstarstar
star
3.8 2020年11月02日

自分のことを真剣に考えているから、他人のことも考えられると思った。 とても繊細なアイから自分を見つめることの大切さと、自分の周りの人と接する中での喜怒哀楽の素晴らしさを感じた。

全部を表示

Readeeユーザー

共感はできず

starstarstar
star
3.8 2020年09月03日

学生時代に読みたかったかな。 SNSやTVでみた事を痛みとして感じてしまう…感受性が豊かなのか時代背景なのか、そこまで感じない自分は冷酷なのか… 恵まれ過ぎる環境の主人公だから感じるのか。

全部を表示

Readeeユーザー

2020年5月

starstarstarstar
star
4.2 2020年05月05日

のめり込んで読んでしまった。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstar
star
2.8 2020年01月03日

この人の小説は合わない

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.5 2019年11月18日

自信のアイデンティティと友情の話。

全部を表示

Readeeユーザー

この小説は

starstarstarstarstar 5.0 2019年11月13日

この世界に絶対に存在しなければならない。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください