ふたり、この夜と息をして

一般書 303

北原 一

2020年10月14日

ポプラ社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

男子高校生の夕作まことは、顔にある痣を化粧で隠して生活している。それがばれることを恐れ、人とかかわらず静かに過ごすことを望んでいた。ある日、公園でクラスメイトの槇野がタバコを吸っているところを目撃する。不良でもない彼女がなぜ?互いに“秘密”を抱えた二人は徐々に距離を縮めていくがー。第9回ポプラ社小説新人賞特別賞を受賞した感動の青春小説(『シガーベール』を改題・加筆)。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.24

読みたい

91

未読

6

読書中

0

既読

12

未指定

17

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

二人の苦しさ辛さ悲しさ悔しさとともにあった時間。本の中で出会えた彼らに心から感謝。

--
2
2020年10月17日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください