死ぬ時はひとりぼっち

扶桑社ミステリー

レイ・ブラッドベリ / 小笠原豊樹

1988年5月31日

扶桑社

619円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ある雨降りの晩、海に向かって走る赤い路面電車の車中には、その街に住む売れない探偵小説作家の「私」が乗っていた。背後の席から酒臭い息とともに、男の呻き声が彼を襲う。「死ぬ時はひとりぼっちだ!」その呻き声を聞いた同じ夜、私は街の運河に浮かぶ動物園のライオンの檻の中に死体を発見した。次々に住人を襲う謎の死と失踪。そして男の残していった呻き声との関係は…?南カリフォルニアのさびれた海辺の街、ヴェニス。崩壊寸前の海上公園と、朽ちかけたアパートに棲む人びとの、暗い過去と現在の狭間を縫うように、主人公の「私」と中年刑事が謎を追っていくー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください