湯呑茶碗

半村良

1991年9月30日

扶桑社

1,601円(税込)

小説・エッセイ

木を育むことを生業にしていた植木職人順造は、腕を生かし再び職に復帰する。一方、元製紙工場長洋一郎は、自分史の編纂を最後の目的とするが…。現役を退いてのちの“老い”に対する2人の生きざまを軸に、郊外のマンション宝田ハイム住人の人間模様が交錯する。湯呑茶碗の湯気の向こう、一室ごとのドラマに人生の走馬灯が見える…。マンションを舞台に新しい小説の境地を開いた著者の快心作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください