なぜ中韓になめられるのか

屋山太郎

2005年9月20日

扶桑社

1,760円(税込)

人文・思想・社会

政治家と外交官の思惑が土下座外交を生んだ。中国・韓国はなぜ執拗に歴史認識を問い、「靖国」を問題とするのか。その背景には譲歩を重ねてきた政治家と外交官の姿があった。今、日本が正常な国家として繁栄していくために必要なビジョンとは。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください