阿寒に果つ

扶桑社文庫

渡辺淳一

2008年8月31日

扶桑社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

1952年冬、阿寒湖畔の雪の中から、少女の凍死体が発見された。当時、新進の天才画家と言われた18才の時任純子だった。汚れながらも純潔を守り、18歳の若さで夭折した純子。渡辺淳一が自伝的な要素を踏まえながら、一人の女性への思いを綴った悲恋小説の傑作。実話を基にした青春へのレクイエム。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください