TPPが日本を壊す

扶桑社新書

廣宮孝信 / 青木文鷹

2011年3月31日

扶桑社

814円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 新書

あなたの“食”と“職”が危ない。「平成の開国」で農業、雇用、地域経済は崩壊するー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar
star
2.5

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

3

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

mxa

(無題)

star 1.0 2020年08月13日

民主党政権下、鳩山政権が倒れてすぐぐらいの著書で、この頃の感覚でTPPのメリット、デメリットを書いている。結論的にはTPP反対。大阪をモデルに例え話をしてTPPで起こるであろうことを仮定しているが、同意できない。著者は単純産業の衰滅、移民が増え日本人労働者の失業が増えると言う。中国・韓国のことはわからないが、東南アジアは就業率がよく、人手不足な状況で、日本へ(単純労働で)出稼ぎしたいなんて聞くことはほとんどなくなった。特に海外労働者優遇政策でもとらないと中国・韓国以外から移民があつまるとも思えない。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください