世界史のなかの蒙古襲来 モンゴルから見た高麗と日本

宮脇 淳子

2019年6月19日

扶桑社

1,540円(税込)

人文・思想・社会

強国モンゴルに必死に取り入り、「元」の日本遠征に自ら名乗りをあげた当時の高麗と現代の朝鮮半島の姿は、いろいろな面でオーバーラップする…。対外的に反省しすぎると世界では“弱い”とみなされるー二度の「元寇」から日本は何を学んだのか。海を渡ってやって来たのは本当にモンゴル人だったのか!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar 4

読みたい

3

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください