恋の呪文をささやいて

ハーレクイン・ロマンス

サラ・クレーヴン / 漆原麗

2013年5月31日

ハーパーコリンズ・ジャパン

722円(税込)

小説・エッセイ / 新書

「彼が相続を放棄し、一度も会わずにすみますように」モルガナは屋敷の裏の丘にそびえ立つ、大きな岩に願い事をした。地元では“願いの石”と呼ばれ、少しでも動いたら願いがかなうという。亡き父の遺言状を読み、モルガナは途方に暮れていた。遺産相続が男性にしか認められないとわかったからだ。そしてその相続人が、ここを訪れたこともない大富豪のライアルだった。彼はイギリスからアメリカに渡った遠縁の子孫で、今日やってくる。きっと屋敷や土地を好き勝手にし、私と母など追い出してしまうだろう。なのに岩はびくともせず、願いは届かない。モルガナは泣きたくなった。そのとき、すぐ後ろで聞こえた男性の声に、彼女ははっと振り返った。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください