公爵と銀の奴隷

ハーレクイン・イマージュ

ヴァイオレット・ウィンズピア / 堺谷ますみ

2013年5月31日

ハーパーコリンズ・ジャパン

722円(税込)

小説・エッセイ / 新書

ロザリーは、ポルトガル沖の島ヴォース・ド・マールへやってきた。島の領主ドゥアルテ・アルド公爵の娘の家庭教師として、小宮殿と呼ばれる屋敷に住み込みで働くためだ。初めて会った公爵は見上げるほど背が高く、威圧的で、6年前に悲劇的な事故で妻を亡くしたということだった。ロザリーは、彼の謎めいた目に見つめられるのが苦手だった。なぜか落ち着かない気分になり、つい生意気なことを言ってしまう。馴染みのない感情をもてあまし、ロザリーはひとりピアノを弾いた。夕闇の中、公爵がじっと耳を傾けていることに気づいたとき、彼が言った。「誰か、愛する男を思って弾いていたのだろう?」ロマンスの草創期に活躍した不世出の名作家が1972年に出版した作品の初邦訳。印象的な台詞の数々と美しい描写に彩られたロザリーの初恋が、みずみずしく、そして切なく、読者の心を震わせる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください