偽りの結婚はボスと

ハーレクイン・ディザイア

キャシー・ディノスキー / 大田朋子

2013年5月31日

ハーパーコリンズ・ジャパン

733円(税込)

小説・エッセイ / 新書

カーリーは卑劣な恋人のもとを去り、別の場所でやり直す決心をした。新しい上司ハンターは、まるでハリウッドスターみたいに背が高くハンサムで、とても気になる存在だけれど、プレイボーイに恋して痛い目にあうのは、もうこりごり。やがて、ひそかに恐れていたことが現実のものとなる。元恋人クレイグが彼女を捜し出し、突然家を訪ねてきたのだ!そして、なれなれしい態度で復縁を迫り、たまたま現れたハンターに嫉妬心をむきだしにして何者かと問いただした。次の瞬間、思いもよらないハンターの言葉に、カーリーは呆然とした。「ぼくはカーリーの夫だ」。ボスとのスリリングな契約結婚のゆくえは?キャシー・ディノスキー得意のオフィス物。『ボスは罪なるプレイボーイ』『ボスと甘い週末を』『ボスに贈る宝物』に登場した、億万長者の祖母エメラルドが本作でも縁結びにひと役買う。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください