赤い髪の淑女

Mira文庫

エレイン・コフマン / 後藤美香

2008年3月31日

ハーパーコリンズ・ジャパン

838円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

1746年スコットランド、エディンバラ港。令嬢は旅に出たーある悲壮な決意を胸に。「お客さんだよ、船長。女のお客さんだ」部下の言葉を、コリンは一蹴した。この吹雪ののさなかに女の客人などありえない話だ。冗談で応じていると船室のドアがあき、美しい女性が姿を現した。上質のウールのフードからのぞく赤毛が、天使のような顔を縁取っている。彼女は素性を明かさず、フランスへ連れていってほしいと懇願した。コリンは強く興味を引かれながらも、何もきかずに渡航の手配を引き受ける。その時のコリンは知る由もなかった。彼女が背負った運命の重さを。そして、彼女と出会った瞬間に、最後の恋に落ちたことを。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください