邪悪な天使

MIRA文庫

リン・グレアム / 漆原麗

2015年8月15日

ハーパーコリンズ・ジャパン

855円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ルチアーノ・ダ・バレンサが釈放されたーその知らせにケリーは動揺した。5年前、婚約者だった彼に裏切られ、その直後に彼が横領の罪で逮捕されて、二人の関係は終わった。その彼が無実だったなんて!出所した彼は、ケリーの祖父に以前貸した大金の返済が滞っているので、祖父母とケリーが住んでいる古い城を差し押さえると言い出した。追い出されても、行くあてもお金もないのに…。屈辱をおして彼を訪ね、猶予が欲しいと懇願したケリー。するとルチアーノは思わせぶりな態度で、こう訊ねた。「君はまだバージンなのか?」

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star 1

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

star 1.0 2017年05月30日

幽霊の鳴き声に怯えて地味家政婦ケリー(元は彼女の家なんだけど借金して売られた)をわざわざ起こしに行くルチアーノ。突然現れたケリーの三人の富豪姉たちがルチアーノを懲らしめるべく色々画策するんだけど、それをケリーが頑なに拒む意味がよくわからない。ルチアーノはケリーに、愛人契約を結ばせようとした挙句に、絶対結婚しない宣言までした直後だったのに。しかも何故かルチアーノを守ろうとしていて、完全なドアマット女になりさがる。いやただのアホの子か。麻薬の仕様と密売をして保釈された義理の兄(母も父も別)にずっと騙されていたり、父(血は繋がってない)に「お前の母は尻軽」と言われ続けてたのに父が破産した時に慰めに行ったり、人を見る目が本気でない。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください