圧電デバイスの有限要素モデルとシミュレーション

加川幸雄 / 加川幸雄

2014年7月25日

丸善出版

5,940円(税込)

科学・技術

回路フィルタ、レゾネータ、電気音響トランスジューサだけでなく、アクチュエータ、センサーなど電気系・機械系各分野で重要な役割を果たしている圧電デバイスー本書では、圧電現象の沿革、構成方程式、エネルギー原理、有限要素モデルによる離散化方程式、そして数値シミュレーションを用いた解析設計の手法を、事例を豊富に盛り込みながら解説。基礎知識から圧電デバイスの設計までが身につく好個の書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください