死すべき定め

死にゆく人に何ができるか

アトゥール・ガワンデ / 原井宏明

2016年6月25日

みすず書房

3,080円(税込)

美容・暮らし・健康・料理

現役外科医にして「ニューヨーカー」誌のライターである著者が描く、迫真の人間ドラマ。人生の終盤をよりよくするために奔走した人々のエピソードが圧倒的な取材力と構成力で綴られた本書は、読む者に自らの終末期の選択について多くの問いを投げかけるだろう。終末期をどう生き、最期の時をどう迎えるのか。私たちは豊かに生きることに精いっぱいで、「豊かに死ぬ」ために必要なことを、こんなにも知らないー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.3

読みたい

24

未読

3

読書中

1

既読

13

未指定

32

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

駿河

(無題)

starstarstarstar 4.0 2023年07月27日

最初は死という概念についての書かれた哲学的な書籍だと思っていましが、実際には、終末医療や介護といった、今後誰もが直面するであろう事柄についてどのように向き合うべきか書かれていました。

全部を表示

SURUGA

(無題)

starstarstarstar 4.0 2022年06月29日

最初は死という概念についての書かれた哲学的な書籍だと思っていましが、実際には、終末医療や介護といった、今後誰もが直面するであろう事柄についてどのように向き合うべきか書かれていました。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください