アート・オブ・フリーダム

2019年8月24日

山と溪谷社

3,300円(税込)

小説・エッセイ / ホビー・スポーツ・美術

ポーランドが生んだ偉大な登山家、ヴォイテク・クルティカは、ヒマラヤの難峰を厳しいラインから、アルパインスタイルで攻略してきたクライマー。その大胆な発想、先進的なラインは、世界中のクライマーを魅了し続けてきた。本書は、その登攀と人生を丹念にたどる。チャンガバン南壁(1978)、ダウラギリ東壁(1980)、ブロード・ピーク縦走(1984)、ガッシャブルム4峰西壁(1985)、トランゴ・タワー東壁(1988)、チョ・オユー南西壁(1990)…アルピニズムの歴史に衝撃を与えた登攀を振り返る合間には、その登山哲学も明らかにされる。2017年にアメリカで刊行後、すでに8カ国で翻訳出版され、待望の日本版。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください