リサーチ・マインド経営学研究法

有斐閣アルマ

藤本隆宏

2005年9月30日

有斐閣

2,530円(税込)

ビジネス・経済・就職

実際に著者たちがひとつの研究を達成するまでに、どのようなことに突き当たり、どのように乗り越えてきたのかを辿りながら、実証研究とは何かを考え、理解することができます。経営学研究に臨む姿勢が生き生きと伝わってきます。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

目次

-- 2020年05月22日

第1部 リサーチ・サイクルを回す:経営学研究法の基礎  第1章 実証研究の方法論:Field-Based Research Method(FBRM)=藤本隆宏  研究の技法   1 アプローチの方法:ケース研究    1 ケース研究の妥当性=桑嶋健一    2 ケース研究のプロセス=桑嶋健一   2 データを集める    3 一次データの収集=藤田英樹    4 二次データの収集と活用=近能善範    5  インターネットを通じたデータ収集=山本 晶    6 インタビューメモの作り方=加藤寛之    7 アンケート調査の設計・実施=具 承桓    8 工場調査法=松尾 隆    9 資料の収集と分析=粕谷 誠   3 データを分析する    10 分析手法の見つけ方=清水 剛    11 因子分析と共分散構造分析=藤田英樹    12 重回帰分析におけるモデル選択=椙山泰生    13 文献情報と内容分析=宮崎正也 第2部 リサーチ・マインドを育む:研究プロセスに学ぶ  第2章 ぬるま湯体質の研究ができるまで       継続的調査からとらえた現象=高橋伸夫  第3章 Product Development Performanceができるまで       創発的研究の事例=藤本隆宏  第4章 「日本企業の競争戦略」ができるまで       理論と現象の往来による多様な研究の展開=新宅純二郎  第5章 消費者行動のメカニズムを探る       大量のミクロデータ分析の研究=阿部 誠  第6章 社史,伝記,回想録から一次史料にいたるまで       中上川彦次郎と益田孝の「対立」をめぐる解釈の軌跡=粕谷 誠 第3部 リサーチを深める:リレー式講義  第7章 研究テーマの見極め  第8章 世界観の作り方  第9章 研究と教育の両立 第4部 リサーチを発信する:海外ジャーナル投稿の基礎  第10章 英文論文のすすめ

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください