平安京はいらなかった

古代の夢を喰らう中世

古代史

桃崎 有一郎

2016年11月21日

吉川弘文館

1,980円(税込)

人文・思想・社会

平安京は必要だったのかー。理念優先で造られ住むには不便だった都市が、その「使いにくさ」を克服し、中世京都へと脱皮していく姿を鮮やかに描く。新視点で平安京を捉え直し、“千年の都”の本質に迫る刺激的な書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

3

未読

0

読書中

0

既読

11

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください