印刷職人は、なぜ訴えられたのか

ゲイル・ジャロー / 幸田敦子

2011年10月31日

あすなろ書房

1,430円(税込)

絵本・児童書・図鑑

1730年代のニューヨーク。イギリスの植民地だったこの街に、一人の男がやってきた。彼の名は、ウィリアム・コスビー。この男の登場が、アメリカの歴史に残る「言論・報道の自由」をめぐる闘いを引き起こし、やがてそれは、アメリカ独立への気運へとつながっていった。-「報道の自由」をめぐる、アメリカ史の知られざる1ページ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ゲイル・ジャロー「印刷職人は、なぜ訴えられたのか」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください