月姫アンソロジーノベル(1)

ファミ通文庫

枯野瑛

2003年3月31日

エンターブレイン

704円(税込)

ライトノベル

兄・志貴のことでイッパイになっている遠野秋葉の乙女心が炸裂する「かわいい女」。吸血鬼化しつつあるさなか、弓塚さつきの回想が交錯する「路地裏の落陽」。一度は別れた志貴とアルクェイドのつれない恋物語を描いた「ディスタンス・デート」。琥珀がイタズラで翡翠のフリをするのにキレて、琥珀になりすまそうとする翡翠のドタバタ劇「翡翠/琥珀」。レンがイカの刺身を食べてしまい、大慌てで回復させる為に奔走する「塩辛と使い魔と大騒動」の全5編を収録した月姫アンソロジーノベル第1弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください