捨て猫のプリンアラモード 下町洋食バー高野

麻宮ゆり子

2020年7月15日

角川春樹事務所

1,650円(税込)

小説・エッセイ

オリンピックまであと2年、昭和37年の東京。17歳の郷子は、集団就職で2年前に上京したものの、劣悪な労働環境から工場を逃亡した。そのまま上野駅でうろうろしていたところを、浅草にある「洋食バー高野」のおかみ・淑子に拾われ、そこで働くことに。工場での食事のトラウマからずっと食べられなかったカレー、初体験!揚げたて熱々カツサンド、心に沁みわたる感動のプリン…。美味しくて温もりあふれる絶品料理と人びとに出会い、郷子は新しい“家族”と“居場所”を見つけていく。17歳の少女の上京物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstarstar
star
4.22

読みたい

8

未読

2

読書中

0

既読

29

未指定

19

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ななここ

集団就職

starstarstarstar
star
4.2 2020年09月21日

言葉としては知っている集団就職。 その過酷な労働環境から脱出した郷子の物語。 オリンピックの2年前という事で、高度経済成長!と思っていたけれど「大人の欲望を満たすために子供は生きているわけではない。」と心でつぶやく郷子にその時代の暗部を思う。 上野にいた戦争孤児を行政がトラックに乗せて山に捨てたとか、本当か?現実にあったことなの?とショックを受けた。 話自体は郷子明るさ、がむしゃらな前向きさに支えられ明るく読みやすい。 東京オリンピック前も明るいばかりの時代では無かったんだなぁ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください