怨霊

三人佐平次捕物帳

ハルキ文庫

小杉健治

2007年6月30日

角川春樹事務所

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

紙問屋の若旦那・与之助は吉原の花魁・綾菊と情を通じあい、違う場所で同じ日の同じ時刻に心中することを決意した。実行前に父親にとめられた与之助に対し、綾菊は約束を守り自害して果てた。やがて与之助の前に綾菊の亡霊が現れ、その悩みを佐平次たちに打ちあけるのだが…。数日後、与之助は綾菊の短刀で自分の喉をついて死んでいる姿で発見される。佐平次たちは悩みながらも真相をつきとめるべく探索をするのだったが…。書き下ろしで贈る、大好評のシリーズ第八弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.7

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください