大江戸料理競べ

料理人季蔵捕物控

ハルキ文庫

和田はつ子

2011年12月31日

角川春樹事務所

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「人には、それぞれ心に秘している想いがある」-北町奉行所の烏谷椋十郎が、日本橋は木原店にある一膳飯屋「塩梅屋」を訪れたのは、正月明けの四日であった。老中の命を受けて、料理競べをすることになり、季蔵に監視役を頼みたいという。城中への仕出し弁当の権益をめぐってきな臭い動きがあり、それを阻止するためらしい…(「大江戸料理競べ」より)。表題作ほか「新年福茶話」「ごちそう大根」「千両役者菓子」の全四話を収録。大ベストセラーシリーズ、待望の第十四弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

4

未読

5

読書中

0

既読

23

未指定

25

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください