双剣霞竜

八丁堀剣客同心

ハルキ文庫

鳥羽亮

2013年6月30日

角川春樹事務所

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

野上道場の門弟二人が何者かに斬殺された。一人は首筋を横に裂かれ、もう一人は袈裟懸けに大きく斬り下げられていたという。隠密廻り同心・長月隼人は、直心影流の兄弟子にあたる道場主の野上から、二人の無念を晴らしたいとの思いを聞き、探索を始める。同じ頃、江戸では商家の番頭と手代が殺される事件が続いていた。襲われたのは、いずれも陸奥国彦里藩と取引のある店の者であった。骸の刀傷から、門弟殺しとのつながりを見抜いた隼人は、やがて彦里藩を蝕む悪と対峙することに…。大好評書き下ろし時代長篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください