身体心理学

姿勢・表情などからの心へのパラダイム

春木豊

2002年12月31日

川島書店

3,850円(税込)

人文・思想・社会

行動は、心と体と同じように人間を理解するための重要な次元であり、また心を形成している基礎である。これらの諸次元は相互依存の関係にあり、ダイナミックな因果関係をなしている。本書は、体の動き(行動)を問題の中心にすえ、それを原因として、意識(主として気分、感情、情動)や生理にどのような影響(結果)がもたらされるかを明らかにする研究分野“身体心理学”を提唱する。体の動きが心の基底部をなす気分や感情にどのような影響を与えるのかを検証し考察していく。心の形成やメカニズムの理解、心の育成の方法を考えるための新しい研究領域の提起。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください