心を上手に操作する方法

トルステン・ハーフェナー / 福原美穂子

2012年7月31日

サンマーク出版

1,760円(税込)

人文・思想・社会

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

5

読書中

1

既読

5

未指定

30

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2021年06月10日

選択肢を限定して相手を誘導する 行くとしたら、夕方早めに行く?ダイソーとか行く?  何を食べたい?何が一番美味しかった? お片付けは、今?あとで?昼食の前?あと? なぜ?どうして?は使わない 質問し、耳を済まし、よく観察するものは、はるかに優位に立つ 他に何か気になる点はありますか?で、ネガティブな面に注目してしまう 一瞬でラポールを築くには、相手が正しいと認めればいい もちろん、相手が完全に正しいわけではない しかし、ここが非常に重要なのだが、相手の立場に立てば、相手が正しいのだ 魔法の呪文 「あなたの立場だったら、私も全く同じように考えます」と言った後で、自分の意見を述べれば良い 誰もが自分のことを話したい 相手が自分のことを話し始めるよううまく持っていく そうすれば、相手はあなたのことをとても良い話し相手だと思うだろう 信じる人には説明は必要ない 信じない人には、どれだけ説明しても足りない 目標は紙に書くと叶う 多くの人が信じているのに全くの嘘と言うことがたくさんある みんなやっているということに誰もが弱い 見ているうちに真似したくなる 権力のある人や有名人の真似をしたくなる 意見の内容よりも、好感度によって心が動き判断している ある経営者が休暇で、釣りをするために大きな湖を訪れた。 そこで地元の原住民が腰掛けて釣りをしていた 経営者は、ここで何をしてるのですか?釣りをしてます 釣竿を2本使えばもっと釣れますよ なぜそんなことをする? 魚を売って、小舟を買って、人を雇えば、もっとお金を稼げますよ それで? やがて水産工場を建てて、たくさんの収入を得られます なぜ、私がそんなことをしなきゃならないんだ? そうすれば、経済的に安定して、私のように休暇を取って、のんびりと釣りができますよ 今、そうしてるじゃないですか と原住民は言った

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください