齋藤隆夫かく戦えり

草柳大蔵

2006年4月30日

グラフ社

1,676円(税込)

人文・思想・社会

激動の昭和初期、憲政史上に一条の光を投じた政治家がいた。二・二六事件直後の「粛軍演説」、「国家総動員法に関する質問演説」。本書は、軍部の専横と政党の腐敗に抗し続けた硬骨政治家の反時代的半生の証しである。草柳大蔵渾身の名著、ここに復刊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください