大日本帝国最終決戦(4)

タツの本*Ryu novels

高貫布士

2014年11月30日

経済界

1,046円(税込)

小説・エッセイ / 新書

第二次世界大戦で日本帝国は欧州に艦隊を派遣し、ソ連艦隊を相手に大活躍する。ヒトラー死亡後、ドイツは連合国軍と休戦講和。ソ連に侵入されたドイツは英米日軍と共闘して赤軍を撃退。連合国軍はモスクワを落とし、無条件降伏によりソ連邦は崩壊した…。東シベリアには日英の協力で東方ロシア帝国が建国され、ロシア連邦のフルシチョフ大統領は国土を奪回すべく進撃を命じた。反撃に屈したロシア連邦は米国に軍需物資の支援を求め、東露帝国を日英独連合の象徴として危険視する米政府は対露支援船団を派遣。しかし、北極海の海戦で米海軍の最新鋭戦艦は、日本帝国の大和型・紀伊型戦艦の攻撃により大敗を喫し、撤退を余儀なくされた…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください