海軍一軍人の生涯

肝脳を国にささげ尽くした宰相の深淵

高橋文彦(1955-)

1998年2月28日

潮書房光人社

2,530円(税込)

人文・思想・社会

公私を識り、清廉にして清貧、つねに国家と国民の将来に思いを至し、眼窩くぼみ、皮膚枯れて、骨格を残すのみとなるまで、終戦処理に没頭した最後の海軍大臣・宰相米内光政の知られざる全生涯を、同郷新進の若き学徒が描く感動の大作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください