ラバウル航空隊の最後

陸攻隊整備兵の見た航空戦始末

光人社NF文庫

渡辺紀三夫

2008年6月30日

潮書房光人社

701円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

雲煙万里を翔けた“大空のサムライ”たちの死闘を描いた日米ソロモン航空戦記。坂井三郎、西沢広義等、数多のエースを輩出し、無敵を謳われた栄光のラバウル航空隊ー米軍パイロットたちも恐れた“搭乗員の墓場”といわれた熾烈な戦場で戦い死んでいった戦友たちを悼み、その最後の戦いの航跡を辿った感動の記録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください