世界の大艦巨砲

八八艦隊平賀デザインと列強の計画案

光人社NF文庫

石橋孝夫

2016年7月31日

潮書房光人新社

1,078円(税込)

科学・技術 / 文庫

列強の海軍艦艇兵力の中核的存在として、一八六〇年前後から約一〇〇年の歴史につちかわれた戦艦。当時、海上に浮かぶ最大級の船、最大最強の武器を搭載した船として、戦艦の保有数は、その国力を表わす指針でもあった。日本海軍の軍艦デザイナー平賀譲をはじめ、各国に存在した巨大戦艦計画を辿る異色の艦艇史。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください