そして誰もいなくなった

Ruby books

アガサ・クリスティー

1999年4月30日

講談社インターナショナル

1,408円(税込)

小説・エッセイ / 新書

「10人のインディアンの少年が食事に出かけ、1人が喉をつまらせ、9人になった 9人のインディアンの少年が遅くまで起きていて、1人が寝過ごし、8人になった…」U・N・オーエンと名乗る謎の人物によって、孤島インディアン島に集められた元判事、元警察官、元将軍、医者など10人の男女が、過去に犯した罪を告発され、一人、また一人と殺されていく…。マザー・グースの子守唄そのままにー。ミステリーの女王、クリスティの60にもおよぶ長編の中でも最高傑作のひとつと謳われる“童謡殺人”の名編。辞書のいらない「ルビ訳」で、単語にぴったりの訳語がルビになっています。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

1

読書中

1

既読

1

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください