新訂増補 パーソナリティ障害の精神分析的アプローチ

病理の理解と分析的対応の実際

松木 邦裕 / 福井 敏

2019年6月12日

金剛出版

4,180円(税込)

医学・薬学・看護学・歯科学

パーソナリティ障害は、自傷、多量服薬、性的奔逸、過食、ひきこもりといった病的行為が前面に現れ、“悩む”から“行為をする”病態へと変遷している。そして苦痛な感情や困難な葛藤を抱え対処するのが当事者のみならず関係者や治療者でもある点に、パーソナリティ障害の難しさがある。したがって、症状や病的行為という目先の問題の緩和をもって良しとするのは早計であり、その意味でこそ、“エビデンスベースト”の名のもとにある安易な治療実践にはない、病者のこころに真摯に働きかける精神分析的心理療法が求められる。本書は、パーソナリティ障害への精神分析的心理療法という、病者のこころの本質を知り、その本質に働きかけていく治療手技の実際を提示することを試みる。さらに、そのために求められる理論や鑑別、治療手技が活きるための協同態勢や環境の準備についても提示している。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください