京都いにしえ殺人歌

長編旅情ミステリー

コスミック・ミステリー文庫

木谷恭介

2004年5月31日

コスミック出版

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

兵庫芦屋屈指の資産家・精道酒造の御曹子で歌人としても注目されていた竹園貴弘が、隅田川言問橋のたもとで殺された。偶然現場を目撃し、彼が死の際に遺した「ミヤコドリ」という言葉を聞いた野坂夏代は、警察庁遊撃捜査係・宮之原係部の要請を受け、事件を追うことに。捜査を進めるうち精道酒造の継承者をめぐる複雑な人間関係、そして貴弘が主宰する短歌同人誌「腐葉土」を回収している不審な人物がいることをつかんだ宮之原だが、その矢先、貴弘の父親が京都大原で殺害され、さらに第三の殺人が…。芦山・津山・京都ー秘められた謎を解き、犯人を追う宮之原と夏代の独自の捜査が行き着いた先は?傑作長編旅情ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください