快盗若さま幻四郎(想い橋)

書下ろし長編時代小説

コスミック・時代文庫

聖龍人

2012年9月30日

コスミック出版

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

東両国の外れにある古びた隠れ家。そこに住まうのは謎の浪人、徳山幻四郎。正体不明で毎日をふらりふらりと浮き草のように暮らしているが、じつはこの男、盗賊団の頭であり、笹島藩二万三千石の若さま。しかも、実父が十一代将軍・徳川家斉という、やんごとなき若侍であった。だがこの幻四郎、盗人といえど私利私欲のためにあらず。なんと正義のために盗みを働くという、風変わりな男である。格右衛門、助五郎、そして隠密の佐保といった凄腕とともに、市井のさまざまな事件を解決に導いていく。誰もが読みたかった時代ファン必読の、どこか懐かしくて新しい痛快活劇小説!好評の第三弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください