半十郎影始末

麒麟児

コスミック・時代文庫

浅黄斑

2013年12月31日

コスミック出版

743円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

元北町奉行所年番与力の三男・都筑半十郎は、家族の中でも半端者扱いされ、喧嘩や女にうつつをぬかす放蕩三昧の日々。八丁堀界隈では“ごろまき半十郎”といえば、誰知らぬ者もない存在だ。ある夜、出戻り女・香代のもとに夜這いをかけた半十郎。ところが折悪しく香代の家で泥棒騒ぎが起こり、犯人の疑いをかけられてしまう。香代の証言で嫌疑は晴れたものの、このままでは気持ちが治まらない半十郎はひそかに探索を開始。だが調べを続けるうち、事件の背後では、娘たちの拐かしが大がかりに行われていることが分かってきた…。南北奉行所同心に先んじて、悪に挑む冷や飯食いの活躍を描く、痛快時代長篇!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください