神様の子守はじめました。(2)

コスミック文庫α

霜月りつ

2016年5月31日

コスミック出版

715円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ずっと卵から孵らなかった次世代の白虎・朱雀・青龍・玄武の四神を誕生させたのは人間である羽島梓だった。生まれたばかりの神子たちは人間の幼児とまったく同じだったので、無職だった羽鳥梓は天照大神から四神の子育てを依頼されてしまう。興奮するとそれぞれの神獣に変身してしまうし、悪者たちに誘拐されそうになる神子たち。まだ道理もわからない四神の子育てに羽鳥梓は四苦八苦の毎日でー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

18

未読

3

読書中

0

既読

26

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください