のぶカンタービレ!

全盲で生まれた息子・伸行がプロのピアニストになるま

辻井いつ子

2008年11月30日

アスコム

1,650円(税込)

小説・エッセイ / エンタメ・ゲーム

ショパン国際ピアノコンクールで“ポーランド批評家賞”を受賞!これは本当にあった感動の物語です。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar 3

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

11

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.1 2018年01月29日

13歳〜19歳までのショパン・コンクールに挑戦する話がメインの母いつ子と息子辻井信行の記録。フリーアナウンサーで、夫は産婦人科医。そんな初めての子供が全盲、いつ子は息子の音に対する鋭さに気づき、ピアニストに育てる。「彼女は「伸行がいてくれたからこそ充実した人生になった。伸行とふたりでここまで歩いてきたことで、何よりも私自身の人生が大きく変わってきたことを、この時思い知らされたのです」。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください