文科系のための暦読本

古今東西の暦の「謎」を読む

上田雄 / 石原幸男

2009年2月28日

彩流社

1,760円(税込)

人文・思想・社会 / 科学・技術

「なぜ二月だけ日数が少ないのか?」「オクト(8)-バーはなぜ10月?」「啓蟄は旧暦?太陽暦?」「旧暦の命運は2033年まで!」…古今東西の暦法を丁寧に辿り、暦のルール、さまざまな「謎」「不思議」を解説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2019年12月06日

太陰暦について分かりやすかった。二十四節気と太陰暦が関係ないとの指摘は新鮮だった

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください