なれずもの

文庫ぎんが堂

中島らも

2015年1月31日

イースト・プレス

733円(税込)

小説・エッセイ

2004年7月26日に急逝した、不世出のエンターテイナー中島らも最期の対談集。「ずーっとならずものに“なれずもの”だった」、「“なれずもの”の恨みゆうんは怖いもんやね」。柴山俊之、竹井正和、宇梶剛士、安部譲二、本上まなみ、松尾貴史、各界の第一線で活躍する彼らもまた、小さい頃なりたかったものになれなかった“なれずもの”。夢を叶えられない人のために書きたい、著者の熱い想いから生まれた一冊。巻末特別寄稿は、長女・中島さなえ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar 3

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください