国民国家と不気味なもの

日露戦後文学の〈うち〉なる他者像

堀井 一摩

2020年4月3日

新曜社

4,180円(税込)

人文・思想・社会

男たちを獣に変える女、寸断された兵士の死体、国家を蝕む伝染病ーフロイトの論を手がかりに、日露戦前・戦後の文学空間に取り憑く「不気味なもの」をたどりつつ、国民化の抑圧と民衆の抵抗の力学を鮮やかに剔抉する。国民国家論更新の試み。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください